VRC/RM ラジアルマウントマスターシリンダー

 

マスターシリンダー本来の機能を徹底的に追及

 

アルミニウムの加工技術を駆使し、ライダーの求める理想的なブレーキフィーリングを具現化。
国内外のレースで輝かしい成績を残し続けている実力は、レースからストリートユースまで、あらゆるシーンでその性能を発揮します。

 

 
ラジアルマウント

横押しのスラストポンプとは異なり、レバーがピストンを垂直に押すことでダイレクトで繊細なコントロール性を実現。
 
 
パワーレバー標準装備

2種類の長さから選べるパワーレバーを標準装備。
ライダーの手にフィットし、自然な操作感が得られます。
※クラッチ側はストレートのみ
 
転倒時にも安心

ボルト1本ですばやく着脱できるクイックリリースマウント。また、レバー先端が可倒する設計で本体へのダメージを軽減します。
 
 
3種類のクランプ形状

 
スタンダードタイプ
ミラーホルダータイプ
(M10×P1.25)
※逆ネジ設定あり
タンクステータイプ
(M6×1.0)
     
     
 
 
 

 

レースでも活躍するハイスペックマスターシリンダー
◇アルミ鍛造ボディ
◇可倒式レバー
◇クイックリリースマウント
◇パワーレバー標準搭載
◇ラジアルマウント
◇可変レシオレバー
■レバーサイズ:スタンダード/ショート
■シリンダー径×レバーレシオ:φ19×20-18mm/φ19×18-16mm(ブレーキのみ)/φ17.5×18-16mm/φ16×18-16mm/φ14×18-16mm(ブレーキのみ)
■1インチハンドル用マスターシリンダー設定あり:φ19×18-16mm(ミラーホルダー正ネジ仕様のみ/ストレートレバーのみ)
 
 
 
可変レシオレバー
レバーの支点~作用点を0.25mm刻み(最大2mm)で調整し、レバータッチを変えることができます。A方向にレシオ(比率)を大きくするとストローク量が少なく硬いタッチに、B方向に小さくするとストロークが長く柔らかいタッチになります。
  ※図はφ19x18-16mmの場合です。表記の数値は相当になります。
マスタータイプ
VRC19-17B/17-17B/16-17B/14-17B
VRC19-19B
支点~力点
支点~作用点
レバー比
支点~作用点
レバー比
140
16
8.75
18
7.78
16.25
8.62
18.25
7.67
16.5
8.48
18.5
7.57
16.75
8.36
18.75
7.47
17
8.24
19
7.37
17.25
8.12
19.25
7.27
17.5
8.00
19.5
7.18
17.75
7.89
19.75
7.09
18
7.78
20
7.00
 
 

LINE UP

 

 

シンプルに性能を追及した、ピュアレーシングマスターシリンダー。
◇アルミ鍛造ボディ
◇可倒式レバー
◇クイックリリースマウント
◇パワーレバー標準搭載
◇ラジアルマウント
 
■レバーサイズ:スタンダード/ショート
■シリンダー径×レバーレシオ:φ19×19mm/φ19×17mm(ブレーキのみ)/φ17.5×17mm/φ16×17mm/φ14×17mm(ブレーキのみ)
■1インチハンドル用マスターシリンダー設定あり:φ19×17mm(ミラーホルダー正ネジ仕様のみ/ストレートレバーのみ)
 
 

LINE UP