オートバイフレームの既存のアンカーポイントにボルトオン装着し、燃料タンク、フェアリングやエンジン等を保護します。車種別に設計をしているためライディングの妨げにならずコーナリングクリアランスも確保されています。
基本色はブラックですが、車種により異なるカラーを設定。仕上げに施工されるパウダーコーティングは、傷や腐食からフレームを保護します。



ツーリングバイクには、スチールやステンレスパイプで設計しています。
*車種により設定は異なります。
φ22とφ27スチールパイプを使い分けて設計。サビに強いパウダーコート仕上げのカラーリングは、車種に合わせてブラック/シルバー/オレンジを設定しています。
ストリートバイクには主にスチールパイプを使用しています。
主にエンジンをガードします。
一部車種は厚み2.5mmのステンレス材で設計しています。
(電解研磨仕上げ)
アッパークラッシュバーはカウルやタンクのガードに特化した設計。クラッシュバーと同時装着が可能です。