レバーガード
MotoGP、さらに2018年からは国内MFJレースのレギュレーションにも加えられた事で注目のレバーガードです。本製品は、IDM(ドイツ国内選手権)で使用されています。ボディはアルミ削り出し。ガード部分にPOM(樹脂素材)を採用することで、衝撃に対する柔軟性を持っています。ガード部分が下方にオフセットした形状のためグリップエンドを握るライディングスタイルでも邪魔になりません。