●TYPE-Dの特徴とオーダー用紙
 
● 童夢カーボンマジック社とのコラボレーションモデル

アルミ鍛造ホイール、マグネシウム鍛造ホイールの開発から製造を行い、数多くのホイールラインナップを展開してきたゲイルスピード。ブランド設立から8年が経過した2010年には、世界の頂点を決めるMotoGPにおいて、Moto2クラスの有力チームに採用されるなど、世界から注目されるホイールブランドとして成長しました。

そのゲイルスピードの次なる進化に向けて、「より軽量」で「より高性能」なホイールを生み出すべく、“カーボンファイバー”を素材とし、国内屈指のレーシングカービルダー 童夢カーボンマジック社(現 東レカーボンマジック社)の協力を得て、“カーボンコンポジットホイール”を開発。
ゲイルスピード開発陣によって設計される、リムやスポーク、車体との接合部分となるハブ周りなどのデータを元に、中空スポークをどのように持たせるか?、強度確保のためには何が最適か?など、童夢カーボンマジック社(現 東レカーボンマジック社)の「最適化設計」を融合。
長年のレーシングカー製造で培われたカーボンファイバーコンポジット成形のノウハウが余すところなく注がれ、両立が難しいとされる、美しい外観やスタイリッシュなデザインと、量産性やホイールとして求められる性能を高次元で共存させています。

● カーボンファイバーコンポジットホイールとは

素材となるプレプリグの選択(繊維の目の細かさ、種類)や積層方法のノウハウひとつで、耐荷重と応力の逃がし方などが変化するカーボンホイール成形。

ゲイルスピード開発陣のCAD設計による強度、剛性解析結果を軸に、童夢カーボンマジック社が最適な材料を吟味。ホイールの部位に応じて素材の厚さや織り込み方を変更するほか、異なる素材を使い分けて成形を行います。
応力のかかるスポーク部など、形状が複雑な部分に強い素材を使用するのはもちろんのこと、肉厚にも変化を持たせることで中空部の強度を確保。また、強度確保のために織り目の向きまでも変化させるなど、何度もトライ&エラーを繰り返した結果から“カーボンファイバーコンポジットホイール”が生まれます。

 
◆ 参考例 DUCATI 1098/1198
ホイールサイズ
フロント
350-17
リア
600-17
重量データ
スタンダード
フロント3.2kg/リア3.6kg
GALESPEED
フロント2.5kg/リア2.9kg
 
TYPE-Dカーボンファイバーコンポジットホイールは、ベースとなるホイールカラー、組み付けアタッチメントのアルマイトカラー、アタッチメント組み付けに使用するボルト材質をご注文時にご選択いただけます。よりマシンのカラーリングやカスタム内容に合わせたホイールに仕上げることが可能です。
専用オーダー用紙をダウンロードいただき、ご記入の上、販売店にてオーダーください。
ベースホイールは、カーボンの素材感や質感をそのまま生かした「クリアコーティング」と、赤色の繊維を織り込んだかのような、鮮やかさと深みを併せ持つ「キャンディーレッドコーティング」の2色からご選択いただけます。
車体へフィッテイングさせるためのアタッチメントには、アルミ削り出し7075材を使用。レッド、ゴールド、ブラックの3色のアルマイトからお選びいただけます。
◇ CLEAR BASE IMAGE
◇ CANDY RED BASE IMAGE
アタッチメントをホイールに固定するボルトもお選びいただけます。スタンダード仕様はスチールボルトを使用。より軽量化を追及される場合は、テーパーチタンボルトを採用したハイエンドモデルをお選びください。