● モトマスター モタードブレーキキットの特徴
2006年 AMA スーパーモトチャンピオン ジェフ・ワードの愛車にもモトマスター製のブレーキキットが装着されています。国内ではMOTO1において、チーム アブソリュートをはじめとした多くの車両に装着されています。
 
汚れに強い軽量ディスク!
クロームモリブデンスチールをレーザーでカット、マシニングによって細部を加工、そして研磨仕上げのローターです。
特徴的なディスク外周のフレイムパターンとホールは軽量化はもちろん、冷却効果や泥や水を排出する効果が高いものになっています。
モタードブレーキキットの特徴
モタードブレーキキット Φ320オーバーサイズディスク
  オフロード車をベースにしたモタードカスタムにおいて重要なことは、ホイールの小径化やサスペンションのリセッティングに加え、ブレーキ性能の強化です。モトマスターモタードブレーキキットは不足しがちな制動力を安心の品質によって補います。   絶対的な制動力を高める大径ディスクにより、ストリートはもちろんレースシーンにおいても十分な制動力を得ることができます。また、剛性感も高めることができます。
フレイムディスク採用 2ラインナップを用意
  放熱・軽量化・初期制動力の各性能に優れたフレイムディスクを採用。機能性のみならず、ドレスアップ効果も絶大です。   キャリパー付属5mm厚ディスクのレーシングタイプと、ノーマルキャリパー仕様4mm厚ディスクのスタンダードタイプをラインナップ。パーツ単体での販売も行い、段階的なグレードアップも可能です。
サイズ Φ320
厚み レーシング5mm/スタンダード4mm
アウターローター ステンレス鋼
インナーローター アルミ(アルマイト鋼)