●ゼログラビティ スクリーンの特徴
1989年の創立以来、数多くのサーキットで活躍しているスクリーンメーカー。エアを送ってアクリルプラスチックを膨らます「ブローモールド」という製法によって透視度に優れた歪みの無い視界を作り出します。時速300km/hオーバーの極限下で鍛え抜かれた品質を有し、AMA等の様々なレースシーンにおいて採用されています。
●優れた光学性
ゼログラビティ スクリーンは飛行機の操縦席のスクリーンと同じ「膨らまし成形」製法により造られています。そのため、非常に光学性に優れ、変形のない視界を確保することができます。
●強さと柔軟性
最高のアクリルプラスチックを使用し、引き伸ばしによる製法過程を経たスクリーンは、強さと柔軟性をあわせ持ちます。柔軟性はロードバイブレーションを吸収し、割れにも強い仕上がりです。
●最高の装着と仕上がり
ゼログラビティ スクリーンは工場にて事前に穴あけされており、完全ボルトオン設計です。マウンティングの穴とスクリーンの輪郭によりカウルとの正確な装着が可能となります。一つ一つの製品に手作業による光沢仕上を施し、製品には2度の検査を行います。
SRタイプ ノーマルスクリーン形状をモチーフにしたモデル。ノーマルリプレイススクリーン
ダブルバブル ダブルバブル形状で、伏せた際に防風効果を発揮。また整流効果にも優れ、スポーツ、レース走行向けの段付きスクリーン
スポーツツーリング ノーマルスクリーンに比べスクリーン面積を増やし、走行風によるライダーの負担を軽減。ゼログラビティの中では最も防風効果の高いツーリング向けタイプ。
コルサ 大きめのバブル形状が伏せた際に身体全体を覆い、整流効果を発揮。スーパースポーツ車両のルックスを保ちながらも防風効果を高める、サーキットからツーリングまで幅広く対応可能なタイプ
Marc1 MOTOGPからアイデアを得て開発されたスクリーン。体を伏せたときに、スクリーンとヘルメットが一体化出来るように、スクリーン上部の一部がカットされています。
クリア、スモーク、ダークスモークの3つのカラーが設定されています。
※その他8色のカラーオーダースクリーンもございます。