チタンピン
レバー操作時は、ピストンを押すプッシュロッドを支持するアジャスターピンに大きな力がかかります。そのため、アルミのレバーは使用するにつれてピン穴が摩擦で削れてしまい、レバーにガタが生じます。そのガタを解消すべく開発されたのが、“ベアリング内蔵チタンピン”です。
アジャスターピンに小型のベアリングを内蔵することで、レバーの耐久性を向上させフリクションとガタつきを減少し、レバーの操作性を向上させます。また、材質にはチタンを使用しており、軽く強度に優れつつ、粘りがあることが特徴で、大きな負担がかかるレバーの軸を堅牢にします。

ユニバーサルモデル