●ゲイルスピードの特徴
見た目だけではない。走りまでもカスタムする。
マシンが動き出した瞬間、あなたは今までとの違いを感じるでしょう。

走る楽しさ。軽快さ。高い次元で理想を形にする最高のカスタムパーツ。

それがゲイルスピード。

 ゲイルスピードの歴史

2002年、ゲイルスピードを設立。
それ以前のアフターマーケットホイールといえば、マグネシウム鋳造=高価格といったレースに向けたものが主流で、ストリートで使用するには敷居の高いパーツでした。
そこで、性能はもちろんのこと、デザインと価格帯に着目。既に四輪レースでは主流だったアルミ鍛造ホイールをヒントに、ストリートユースでも入手しやすいカスタムホイールを定着させること、後には「世界で通用するレーシングホイール」を造り上げることをコンセプトに掲げ、ゲイルスピードの開発はスタートしました。

まずはホイールに求められる十分な強度と耐久性、軽量化をアルミニウム鍛造によって可能としました。そして、価格面、デザイン性、ポリッシュ仕上げも加えた豊富なカラーバリエーションなど、それまでのカスタムホイールにはなかった新しい概念をアフターマーケットに提案すべく、ゲイルスピード独自の技術で造り上げた初期モデル「TYPE-C」をリリース。
単にホイール重量を減らすだけでなく、運動性能を考慮した重量配分と剛性をバランスよく両立させ、様々な課題をクリアしたホイールを実現しました。

現在もなお愛され続けている「TYPE-C」を皮切りに、独自の切削技術で製造した5タイプのアルミニウム鍛造ホイール、軽量化を追求したマグネシウム鍛造ホイール、童夢カーボンマジック社との共同開発によるカーボンコンポジットホイールをリリースし、ゲイルスピードはホイールカスタムをより身近なものへと変化させました。多彩なバリエーションから選べることも、カスタムにおける楽しみのひとつではないでしょうか。

これらのゲイルスピードホイールは発進、制動、加減速、旋回、燃費…などといったオートバイの挙動に多くのメリットをもたらします。
オートバイのすべての動きが一段とスムーズになり、これまでの愛車とは思えないほどの変化をあなたに感じさせることでしょう。

2010年には、立ち上げ当初から目指していた「世界で通用するレーシングホイール」が現実のものとなり、数々の走行テストやレースでの実績を積み重ねた結果、遂にMotoGPのMoto2クラスにデビュー。ゲイルスピードは世界ブランドに向けて大きな一歩を踏み出しました。

その翌年、各レースでの経験とノウハウをフィードバックし、レーシングホイール「TYPE-GP1」を開発。以降、国内外のレースにおいて多くのレーシングチームに採用され、好成績を残し続けています。

ゲイルスピードの立ち上げから10年。レースやカスタムといったジャンルを問わず、ホイールの置かれている環境は、大きく変化しました。タイヤの進化に伴い、より高剛性でより軽量なホイールが求められる中、ゲイルスピードは鍛造ホイールをホイールカスタムの主軸へと成長させました。

これからも続く技術の進歩。最先端のレースで磨いた技術、新たな素材や製法を製品へフィードバックし、さらなる高品質ホイールを造り上げるため、ゲイルスピードは進化を続けます。

3種類のマテリアルに8タイプのデザイン。※2013年度4月現在
すべてのゲイルスピードホイールに共通することは、「安心」「安全」「高付加価値」を念頭に造り上げること。トライアンドエラーの繰り返しから生まれたホイールは、全て専任スタッフの手によって一本一本丁寧に組み上げられています。

ゲイルスピードを手にしたすべてのお客様に「満足」という付加価値とともに、最高のカスタムパーツをお届けするために。

今後も進化を続けるカスタムシーンの中で、ゲイルスピードはこの日本から世界に挑み続けます。

2013年、レーシングチームDYNAVOLT INTACT GPとともに、MotoGPへの新たなチャレンジが始まります。




 ゲイルスピードの特徴

●鍛造方法  
鍛造材は強度があり、その分大幅な切削加工が可能です。細身のスポークや肉薄のリムなど鍛造ホイール独特の形状はここからきています。ゲイルスピードは熱間鍛造法により、8,000tもの高圧で鍛えられ、鋳造品ではなしえなかった軽量ホイールに仕上がっています。
●スポークデザイン  
スポークは操縦の剛性感を高める役割と路面からの衝撃を吸収する役割を持つほか、ホイールデザインにおいても非常に重要な部分です。ゲイルスピードのスポークは断面、太さ、本数を工夫して、いずれの性能も損なうことなくバランスよく設計されています。
●ハブの軽量化  
フロントハブ部分をアタッチメント方式として、工作機械の刃物が届きにくい内部まで切削を施した軽量な仕様。
●設計・解析  

3D CADと解析ソフトを駆使して行われる設計・解析。技術者の意図するデザイン・加工方法・軽量化・強度・弾性など、ありとあらゆるファクターを最良の状態に持っていくために繰り返されます。
妥協を許さない設計と十分な信頼性。これがホイールつくりの第一歩です。

●リムの軽量化  

リムの軽量化は回転重量の軽減に直結し、ジャイロ効果の抑制につながります。そしてこれは車体の運動性能を左右する重要なファクターです。ゲイルスピードのリムはただ軽いだけでなく、変化するリム厚やリブの構成によって実用に足る耐久性も併せ持ちます。

●JWL・TÜV認定  
ゲイルスピードは高い信頼性を誇ります。日本国内での軽合金ホイールの安全基準であるJWLと、世界的にも信頼性の高いTÜV(一部ラインナップを除く)に適合するだけでなく、自ら設けた社内基準も加えることで精度と安全性を支えています。


 ゲイルスピードのホイールTYPE 特徴

[カーボンコンポジットホイール]
ゲイルスピード開発陣と童夢カーボンマジック社が共同開発した、最上級ホイール。二社が培ってきた技術をもとに、一本一本手作業で生産されるホイールは、高強度でカーボンの美しい外観とスタイリッシュなデザインを実現。
[レーシングホイール/アルミニウム鍛造モデル] レース専用ホイール
数々のレースで実績を重ね、誕生したレーシングホイール「TYPE-GP1」。
独自の設計が施され、「しなやかさ」を実現したホイールは、世界で戦える自信作。

[アルミニウム鍛造モデル]
レースで認められた「TYPE-GP1」の待望のストリートモデル。
レースで極めたホイールをストリートでお楽しみください。

[アルミニウム鍛造モデル]
高度な切削技術を駆使し、造り上げられた15本スポークに一体化したハブ。さらなる軽量化、剛性を確保。

[アルミニウム鍛造モデル]
スタイリッシュな異なる太さの10本スポークが強度としなやかさを与える。レースにも適す性能を持つ上位モデル。

[アルミニウム鍛造モデル]
十分に強度のあるリムを5本スポークによって支えるベーシックモデル。
軽量ホイールとしての性能・耐久性のバランスに優れる。

[マグネシウム鍛造モデル]
マグネシウムを使用した、圧倒的な軽さを実現した最軽量モデル。ハイエンドユーザーにおすすめの一品。

[アルミニウム鍛造モデル]
ゲイルスピードの最新の技術でノスタルジックなスタイルを提案。絶版車にも新しい走りを。