いかなるシーンもスタイリッシュに

 

 TYPE-Cの開発中に浮かび上がってきたさらなるアイディアや、ユーザーからの貴重な意見をフィードバックさせ、新しいコンセプトに基づき開発されたTYPE–R。
そのパフォーマンスを更に追及したTYPE-Rは、ユーザーが軽量ホイールに求める要素を更に突き詰めることに情熱を注ぎました。

「Revolution:革新・革命」「Racing:レース」「Radical:急進的」の意味を込め、「TYPE-R」と名づけられました。


流麗なラフメッシュのスポークが特徴で、この10本のスポークが路面から伝わる力を上手に吸収します。
リム部の軽量化は勿論のこと、スポークデザイン、ハブ部の寸法を新たにする事で、ホイール全体の軽量化を実現。

TYPE-Cよりもスポーク剛性を向上させ、リムの軽量化を目標としたTYPE-Rは、フロント、リア合わせてTYPE-Cの総重量と比較して約10%の軽減と剛性の向上に成功。TYPE-Cを凌ぐハンドリングを現実化し、レースユースでも鋳造、鍛造マグネシウムホイールを相手に十二分に戦える仕様に仕上がりました。

 

 
 
 

LINE UP