スロットル装着時に問題となるスイッチボックス。
ノーマルのスイッチボックスはスロットルホルダーを兼ね備えたものが多いため、
そのままではスロットルキットが確実に装着できず、ハンドル廻りをきれいにまとめることができません。

アクティブのスイッチキットは薄型のスイッチボックスを採用し、スロットルキットの装着に最適です。

TYPE-1スイッチキットでは、ヘッドライトの点灯をオン・オフ・ポジションと切り替えることができ、
エンジン始動時や信号待ちでのバッテリーへの負担を軽減します。

キットには車種別の専用ハーネスが含まれているため、面倒な配線加工の手間がかかりません。
また、車検時に必要となるライトスイッチストッパーも付属しています。
 

 
 
 
<< スイッチキットTYPE-1の特徴 >>
 
 

キルスイッチ オン・オフの切り替えが可能
ライトスイッチ ヘッドライトの点灯をオン・オフ・ポジションと切り替えることが可能。
セルスイッチ エンジンの始動が可能
ライトスイッチストッパー(付属) 車検時に必要となります。
スイッチの厚み 32mm
 

車種別スイッチキット

未加工汎用スイッチキット