ABSブレーキホース用フィッティングパーツ


ABSユニット側のIF規格にAN規格のブレーキホースを接続するための変換アダプター。ハンドル・マスターシリンダー・キャリパーなどの交換の際、 ホースの部分変更のみで対応できます。
 
 

 
 
 
 

 

近年、ABSユニットのブレーキラインはユニットから金属パイプが伸び、その先でブレーキホースに切り替わってマスターやキャリパーに通じる構造が主流です。

その場合、ブレーキホースの交換には2つの方法があります。

『金属パイプごと新しいホースに換える方法』と、下図のように『金属パイプの先のホースを換える方法』です。今回はなるべく純正パーツを生かす後者の場合に最適なアイテムをご紹介します。


ABS車両の純正ブレーキホースにおいて、金属パイプが使用される場合は『IF規格』が採用されていますが、アフターパーツメーカーでは『AN規格』が使用されるケースが多いことから、これまでは金属パイプを全てホースにかえる方法や海外製の変換パーツを新しいホースにカシメて組み付けることが主流でした。しかしこれらは作業の難易度が高く、また非分解構造の部位もあることから、コストが高くなる点がネックでした。

今回ご紹介するパーツは、IF規格をAN規格に変換するパーツです。このパーツを使用することで、ハンドルやマスターシリンダー、キャリパーを換える際も、交換箇所を抑え、比較的にシンプルにカスタムすることができます。
 
 

 
 
「ABSユニットから伸びる金属パイプ(ホース)の先端」「ABSブレーキホース用フィッティングパーツ」を装着することで、適切な長さのユニバーサルホースフィッティングを選ぶことができます。
のちにハンドルやキャリパーを換えたい場合でも、ユニバーサルホースフィッティングの変更のみでカスタムが可能です。
 
 
 
 

 

IF規格とは(Inverted Flare)の略称、AN規格とは(Army Navy)の略称です。


IF規格とAN規格の違いは、テーパー状のシーリング(繋ぎ目から漏れを抑制する役割)部の向き(凸/凹)と角度にあります。 IF規格は内向きの45°、AN規格は外向きの37°で設計されています。

 
 

 
オス側のシーリング部が   オス側のシーリング部が
フィッティングの規格
 
 

IF1.0の「1.0」とはピッチを示し、1.0とはネジ山間隔が1mmであることを示します。
また、AN3など"AN"に続く数字はホース外径/ネジサイズを表し、AN2からAN32まで様々なサイズがあります。
オートバイのアフターパーツでは、ブレーキホースには主にAN3を、オイルクーラーのホースにはAN6やAN8を使用します。
AN3規格のブレーキホースには、バンジョーアダプターやブレーキアダプターもAN3規格の製品を合わせます。

 
 
各パーツの使い方はこちら
 
 

       
 
 
 
 
 
#3 フレアナットアダプター
スペースが狭い場所やボルト固定できない場所で活躍。
タイラップ固定用の溝を設けています。
ラインナップ
 
 
 
#3 フレアブロックアダプターストレート
純正ブロックアダプターに最も近い形状。ボルト取付穴を設け、複数のアダプターの同時固定も可能。
ラインナップ
 
 
 
#3 フレアブロックアダプター90°
純正ブロックアダプター90°の取り廻しに利用可。ストレート同様、ボルト固定穴を備えます。
ラインナップ
 
 
 
#3 フレアブロックアダプターT字
IF接続部からT字でブレーキホースの取り出しが可能。
フロントがダブルディスクの車両に最適です。
ラインナップ
 
 
 
#3 フレアブロックアダプター バンジョー
バンジョーアダプターとボルトを組み合わせ、自由度の高いレイアウトが可能。
ラインナップ