Bonneville Motorcycle Speed Trials 2019 “電動バイククラス”で
モビテック社 EVバイク「EV-02A」が世界記録達成!

 
 車両には、HYPERPROリアショックやGALE SPEED アルミ鍛造ホイールなどを装着!




<MOBITEC株式会社モビテック チャンネルはこちら>
 
 
 
 
株式会社モビテック
EV-02A Bonneville special
 

株式会社モビテック社は自動車関連において、主に開発分野における技術支援事業を手掛ける企業。その培ってきた技術を形にするため、社内プロジェクトの一環で始まったのが「世界最速のEVバイクの製作」。
「Bonneville Motorcycle Speed Trials」に初参戦から5年という年月を経て、世界記録である204mph(329km/h)を樹立しました。ライダーは元GPライダーでトリックスター代表の鶴田竜二氏。
モビテックの高い技術力によって制作されたマシン「EV-02A」には、弊社(株式会社アクティブ)の製品も採用されています。
 
Bonneville Motorcycle
Speed Trials 2019
 

「Bonneville Motorcycle Speed Trials」はアメリカ ユタ州ボンネビルで開催される世界最高速チャレンジです。日々コンディションが変わるソルトフラッツ(塩の平原)で最高速を競い合います。
このイベントでの記録はAMAとFIMが公認しており、競技は排気量・エンジン・駆動方法等の種類などいくつもカテゴリー分けされ、世界中の国々から200チームほど参加します。
株式会社モビテック社は“電動バイククラス”にて参戦。
 
 
 
 
装着されたアクティブ製品
 
 
 
HYPERPRO リアサスペンション
Impression

HYPERPROのリアショックは刻々とコンディションが変化する塩のトラックに対してスタビリティな動きを発揮し、タイヤのグリップを最大限に引き出してくれました。

 
 
 
 
GALE SPEED アルミ鍛造ホイールTYPE-GP1S
Impression

GALE SPEED TYPE-GP1SはベースとなったGSX1300Rの純正ホイールに対し非常に軽く、車両の軽量化に大きく貢献しています。バネ下の重量が軽い為、扱い易く、ボンネビルの荒れた路面でも操作性が高いと感じました。

 
 
 
 
 
 
GALE SPEED フロントマスターシリンダー
GALE SPEED クロスロックディスクローター
※競技中は空気抵抗低減と軽量化のため取り外しています。
Impression

EV-02は車両重量が338kgも有り、さらにテスト走行時には約250km/hからのフルブレーキングを繰り返す為、ブレーキに掛かる負担は市販車に比べ非常に大きいです。 そんな中、GALE SPEEDは高速からのフルブレーキング時でも安定した制動力を発揮し確実に止まる事ができました。 また、純正品や他社製品が一回の走行でディスクローターが歪み、使えなくなるのに対しGALE SPEEDは数十回の走行でも使用でき、耐久性の高さにも満足しています。