トップページ > QSTARZ > LT-Q6000SSスタートアップガイド

 
LT-Q6000S本体を使用する前日までに行う作業 【AGPSの更新】
① パソコンでQRacingを立ち上げます。LT-Q6000S本体の電源を切ったまま、USBでパソコンと接続します。
② メニュー「ファイル」から「AGPSをダウンロード」します。
③ ダウンロードボタンを選択後、パソコンからLT-Q6000S本体を取り外します。
④ LT-Q6000S本体の電源を入れます。
⑤ 起動中、液晶画面下側に「AGPSを更新中」と表示されたら完了です。
宇宙空間に存在するGPS衛星の中から、LT-Q6000S本体は24個のGPS衛星(6個の軌道を周回する各4個)の位置を記憶します。それぞれのGPS衛星は12時間で地球を1周するように軌道上を周回しており、LT-Q6000S本体作動中(車両走行中)は、位置を記憶している24個のGPS衛星の中から3個の衛星情報を受信し、計算処理および画面表示を行います。
この【AGPSの更新】は、24個のGPS衛星の現在地を、LT-Q6000S本体に記憶させる作業となります。
※【AGPSの更新】は、同一レース期間中での使用においては、毎日行う必要はありません。
※数日間(またはそれ以上の期間)を空けての使用の際は、使用毎に更新作業を行ってください。
 
走行10分前までに行う作業 【GPSコールドスタート】
① LT-Q6000S本体の電源を入れます。
② アプリメニュー「GPS」の中から「GPSコールドスタート」を選択します。
③ 「GPSコールドスタート」を選択、注意文を確認し、再度、決定ボタンを押して完了です。
※画面内のGPSアイコンが緑色の場合はGPS受信状態は良好です。赤色の場合はメニューをひとつ戻って「GPS受信状態」を確認し、付属の外付けアンテナを装着するなどして受信を安定させてください。
【AGPSの更新】によって本体に記憶させたGPS衛星の中から、その時点で一番近いGPS衛星3個を探し出し衛星情報
を受信します。これにより、さらに正確で様々な情報を取得することが可能になります。
※【GPSコールドスタート】は、走行毎に行うことをおすすめします。走行毎に行うことにより、より正確な情報の受信が 可能になります。
 
クイックマニュアル 【サーキット走行(P-LAP編)】
① LT-Q6000S本体の電源を入れます。
本体右下の ボタンを長押しします。(約3秒)
② 電源が入り画面が立ち上がります。
ボタンを操作して、サーキットモードを選択します。
矢印ボタン を押します。
④ 該当のメニューを選択する
ボタンと ボタンにて選択します。
⑤ 登録されているサーキット(5km圏内)が自動で検索されます
⑥ 登録されているサーキットが無い、またはサーキット走行でない場合は、シンプルラップへ移行します
⑦ 左下スタートボタン  にて計測開始。または、新規製作(クロースドコース新規作成/オープンコース新規作成)にてスタート、
  ゴールを設定し、「ロード(ユーザーデータ)」を選択して計測することも可能です。