トップページ > ギルズツーリング > セパレートハンドルの特徴

 
軽量でシンプルな構造のアルミ削り出しセパレートハンドル。
 
 
A2027材(クランプ部)とA7075材を組み合わせたハンドルバー。2ピース構造を採用し、ハンドルバーの固定とクランプの締め付けを1本のボルトで行うシンプル設計で軽量化を実現。さらに、ドイツ技術検査協会のTÜVを取得し、安全性にも優れます。
 
   
 
 
 
 
 
角度、高さが自由自在。ドイツが生んだ、可変式セパレートハンドル。
 
 
機能美に溢れ、個性が光るデザイン。素材・加工精度・デザイン・機能性いずれも最高品質のアジャスタブルセパレートハンドル。 ドイツのギルズツーリング社のこの製品は、高度なアルミ削り出しで成形されており、4度ずつ4段階で角度調節ができます。
また、オプションのエクステンションを併用すれば高さの変更も可能です。
 
   
 
 
 
エクステンション
 

バリオバーに装着することによって、ハンドルバーの高さと距離の調整を可能にするオプションパーツです。4度ずつ360°ハンドル位置を調整できます。