トップページ > 取扱いブランド > BIKE LIFT > 初めてのメンテナンススタンド

 
お客様の車両には、センタースタンドは備わっていますか?
旧車両には、手軽で安定感のあるサイドスタンド、メンテナンス性の高いセンタースタンドの2種類のスタンドが備わっているモデルが多くありました。
しかし、ここ最近ではスーパースポーツ系の車両を筆頭に、軽量化とバンク広角化を目的とした車両が増えてきました。その代償として、メンテナンス性の高いセンタースタンドが 廃止される傾向になってきています。
 
   
サイドスタンドのみの車両の場合、

愛車洗車で、フロントフォーク、スイングアームが邪魔だと思ったことはありませんか?
定期メンテナンスで行う、チェーンの注油。何度も車両を切り返してませんか?

このような悩みをお持ちではありませんか?ここで登場するのが「メンテナンススタンド」です。メンテナンススタンドを使用すれば、車両を垂直に立て直し、タイヤを地面から浮かせることができるのでその問題を解決し、メンテナンスの幅が広がります。
   
タイヤを回しながらホイールの洗浄 車両の切り返し無しでチェーン注油 タイヤ接地面のゴム劣化を防止
     
 
 
一概に“メンテナンススタンド”と言っても、その種類は豊富で形状も様々。ご自身がお持ちのオートバイに対応するメンテナンススタンドを選ぶことを前提とし、対応するメンテナンススタンドから用途に合わせたものを選ぶことが重要です。
ここでは、初心者に焦点を当て、「基本的な日々のメンテナンス」ができるスタンドをご紹介。
「使えない」「使いにくい」を防ぐためにも、ある程度の知識のもとに選ぶことをオススメします。
 
リアスタンドと併用することが必須のフロントスタンドに対して、リアスタンドは単独での使用が可能です。
リアスタンドにもたくさんの種類があり、愛車に使えるリアスタンドを把握することが大切です。
ポイントは「受け部の種類」「スタンド寸法」の2つに分けられます。
   
   

愛車のスイングアーム付近を確認してみましょう。
   
● 「Vフック式リアスタンド」
スイングアームの下部に 受けボビン 取り付け穴 がある車両に有効なリアスタンド。 ご使用の際は、その穴に “受けボビン” を装着することで使用できます。
● 「ユニバーサル式リアスタンド」
スイングアームの下部が平らな車両に有効なリアスタンド。
ユニバーサル受け部のL字をスイングアームにひっかけて使用します。
● 「Vフック式/ユニバーサル式リアスタンド」両方が使用可能な場合
ユニバーサル式は、スイングアームの下部が平らな車両であれば使用可能ですが、Vフック式は受けボビンを別途購入する必要があります。
Vフック式は、挟み込むことでリフトアップするため、載せるだけでリフトアップするユニバーサル式よりも安定感があります。
どちらも問題なくお使いいただけますので、お客様のお好みでお選びください。
 

愛車に使用できるリアスタンドの受け部の形状が把握できても、必ず使用できるとは限りません。地面からリフトアップする支点までの高さを把握して、よりベストなリアスタンドを選んでください。
● 「Vフック式リアスタンドの場合」
リアスタンドの高さ寸法   受けボビンから地面の寸法
● 「ユニバーサル式リアスタンド」
リアスタンドの高さ寸法   スイングアームから地面の寸法
A:リアスタンド高さ寸法 - B:支点~地面までの寸法 = リフトアップ量
 
算出されたリフトアップ量より、お客様の用途に合ったリアスタンドをお選びください。
また、フロントスタンドと併用して使用する予定の方は、フロントスタンドのリフトアップ量を考慮してリアスタンドをお選びいただくとスムースです。
(フロントスタンドは高さ別ラインナップは少ないので、フロントスタンドとリアスタンドが同じリフトアップ量になるよう、リアスタンドを選んでください。)
 
リフトアップ量の数値によって、次の事がわかります。

・大きい程・・・リフトアップ時に大きな力が必要です
・小さい程・・軽い力で持ち上がります 

注: 支点、力点、作用点の距離関係によってリフトアップ時の力の大きさが変わるため、前方で低い位置にボビンがある車両は、一般的な高さで設定されているリアスタンドでは持ち
上げることができません。上記の車両には、 バイクリフト製、SUPERLOWタイプのリアスタンドをオススメしています。 (ZRX1200DAEG、GSX1300R等) 
 
 
 
慣れてくると、一人で車両を倒すことも無くリフトアップすることは可能です。しかし、「リフトアップ時、車両を倒してしまう」ということは、初心者の方にも、ベテランの方にも実際に起こり得ます。その一番の原因としては、リフトアップ時の「ズレ」です。リフトアップする前は、必ずリフトアップする支店を再確認しましょう。
リフトアップ前は、必ずリフトアップする支点を確認しましょう。
 
● Vフック式の場合
    受けボビンの中心にVフック受け部が当たるように調整しましょう。
● ユニバーサル式の場合
  スイングアームが30mm以上、65mm以下であることを確認しましょう。 受け部が奥まで入らず障害物に当たる
 
二番目の原因としては、車両を持ち上げる時の「バランス」です。リアスタンドを片手に持ちながら、車両を垂直に立てるのは慣れていないと難しいです。また受け部と持ち上げる点は常に接している状態を維持しなければなりません。
 
 
ワンハンドVフックリアスタンド
アクティブが開発したワンハンドVフックリアスタンド。その名の通り、不慣れな方でも片手でリフトアップができるほど安定感に優れた受け部が特徴です。
 
 
フロントスタンドにもいくつかの種類があります。ご自身の車両に使用可能なフロントスタンドを把握しましょう。
また、フロントスタンドは、単独での使用ができません。必ずリアスタンドと併用しましょう。
リアスタンドと併用することで、車両を水平に保つことができるので、オイル交換等メンテナンス範囲が拡大します!
使用できるフロントスタンドのポイントは、「受け部の種類」になります。
また、リアスタンド、フロントスタンド両方をご購入予定の方は、フロントスタンドのリフトアップ量を算出して、そのリフトアップ量に応じてリアスタンドをお選びすることをオススメします。
(フロントスタンドは高さ別ラインナップは少ないので、フロントスタンドとリアスタンドが同じリフトアップ量になるよう、リアスタンドを選んでください。)
 

愛車のボトムケース付近を確認してみましょう。
   
● 「差込み式フロントスタンド」
ボトムケースの下部に 差込み穴がある車両に有効なフロントスタンド。 ご使用の際は、その穴を支点に持ち上げます。
● 「ラジアル式フロントスタンド」(バイクリフト廃盤)
ボトムケース下部に平らな部分がある車両に有効なフロントスタンド。 受け部のL字をボトムケースにひっかけて使用します。
● 「差込み式/ラジアル式フロントスタンド」両方が使用可能な場合
ラジアル式は、ボトムケース下部が平らな車両であれば使用可能ですが、差込み式に比べて安定感がありません。
両方使用可能な場合は差込み式リアスタンドをオススメします。使用に関しましては、どちらも問題なくお使いいただけますので、お客様のお好みでお選びください。
 
メンテナンススタンドについてご理解いただけましたでしょうか?メンテナンススタンドを使用して、愛車との距離を縮めてみてはいかがでしょうか!
この記事でお客様の疑問や不安を解消できれば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。