トップページ > BELL > STARⅡ 製品紹介

1967年頃、BELL社はオンロード用で世界初となるフルフェイスヘルメット「STAR」をリリース。
斬新過ぎるそのスタイル故に、リリース当初こそ受け入れられなかったものの、頭部をしっかりと保護するフルフェイススタイルの安全性の高さはすぐにレース業界に認知され、瞬く間に市場へと広がりました。
その後、視界の狭さを改良した「120」モデルに続き、76年に「STARⅡ」をリリース。 
今回のモデルはオリジナルのSTARⅡをベースに、アイポート(視界部分)の形状をSG規格に合わせて見直し、現在の技術を駆使してリメイク。
FRP製のシェルや口元のライナーに本革を採用するなど、細部にいたるまでオリジナルを忠実に再現しています。
 
 
独特のシェル形状(FRP製)
オリジナルに忠実に、BELL特有のおでこの張り出しを再現。
ジェットヘルメットがベースとなる伝統的な形状は、現在のBELLシリーズにも受け継がれています。
 
ゴムモールへの拘り
オリジナル同様、アイポート部に10mm幅、シェル下側には19mm幅のゴムモールを採用。
金型をあえて磨かず、型から抜きだす際の線までもオリジナルを再現。
 
シールド/オリジナルピボット
ヒートベント成形のクリアシールド。オリジナルとは異なり、固定用スナップにBELLのロゴマークを刻印。
オリジナルではシールドをヘルメット頭頂部にこすりつけるように固定していた形状を見直し、ピボット部に樹脂ワッシャーを採用することで任意の位置での固定を可能としています。
 
センターパッド
オリジナル同様の生地を採用し、縫製パターンも再現。頭頂部には5mm厚のスポンジを貼り付け、付属の追加スポンジでサイズ調整も可能。
 
チークパッド
ネックパッドからチークパッド、口元のライナーまでが一体部品であることもオリジナル同様に再現。また、口元のライナーにも本革を採用し、質感を高めています。
 
あご紐ベルト&ベルトサポート
あご紐はオリジナル同様に幅25mmの紐を採用しています。ベルトサポートはコシのある牛革を使っており、丸型のシンプルなDリングで固定します。ベルト部は、オリジナルと同じBELLロゴ&STARⅡUSAの刻印も再現しています。
 
各種デカール類
正面ロゴはオリジナル同様に20×38mmとし、Rマークがロゴ横にくるデザインを忠実に再現。背面モデルステッカーはSTARⅡと表記しています。
 
 
 
 
SIZE: M / L / XL 規格:SG